自然豊かな東山を北から南へ。東山巡り(4時間) 早めに京都駅にお送りしますので、京都最終日の方におすすめです。

東山巡りコース(5時間)

曼殊院

伝教大師最澄(さいちょう)により比叡山に創建されたのがはじまり。江戸初期にこの地に移され、優美な庭と簡素な建築から江戸期の京の文化を知ることができます。
狩野永徳筆の虎のふすま絵や竹の版画など多くの文化財を有しています。八つの窓がある八窓軒茶室、十種の寄せ木で作られた小書院の曼殊院棚のほか、釘隠(くぎかくし)、大書院の引き手などディテールにも注目しながら都の美を感じとってください。

am10:00までに出発してください♪
金閣寺

詩仙堂

サツキが美しい枯山水庭園に「コーン」とひびく禅味あふれる音。水の流れを利用して音を発する僧都(そうず・一般には鹿(しし)おどしとも呼びます)は、詩仙堂を創建した石川丈山(じょうざん)の考案と言われます。
石川丈山は家康公にも仕えたことがある武将で文武両道の人。大阪夏の陣で勇躍先登の功あり、ただし軍規違反の抜け駆けとして家康の怒りを買って隠棲(いんせい)したともいわれています。

龍安寺

昼食

お客様のお好み、ご予算に合わせてご案内いたします。お気軽にドライバーにご相談くださいませ。

昼食

銀閣寺

大文字山の「大」のふもと。正式には慈照寺(じしょうじ)といいます。足利義政は金閣寺をつくった三代将軍足利義満の孫にあたりますが、おじいさんの金閣寺にあこがれて銀閣寺を建てたといわれています。
「銀閣」(国宝)は創建当時のまま残る貴重な建造物。銀色に塗られることはありませんでした。理由はいろいろな説が言われています。

二条城

南禅寺

大きな三門からは京都市街が一望できます。
「絶景かな、絶景かな」。春らんまん、桜満開の都を眼下に、天下の大泥棒、石川五右衛門が南禅寺の三門から花見を楽しんでいると、そこに通りかかったのは真柴久吉(羽柴秀吉)――。と、これは歌舞伎「楼門五三桐(さんもんごさんのきり)」のとても有名な一場面です。南禅寺はもともと天皇の別荘が寺に改められたもので、室町時代には足利義満によって天下でもっとも高い格に位置づけられました。枯山水庭園やふすま絵なども必見です。

銀閣寺

※割引対象車種はエコノミー・スタンダード・ハイエースグランドキャビンのみとなります。

※WEB予約は2日前の17:00までとなります。

当サイトでは皆様のプライバシー保護のため、SSL(暗号化通信)を導入しています。